水処理用遠心分離式プレフィルター マルチサイクロン|排熱利用、熱回収とヒートポンプなど、省エネのご相談は【MDI株式会社】

水処理用遠心分離式プレフィルター マルチサイクロン

クーリングタワーや井水、海水中の水質改善を実現し、
熱交換器やチラー、ヒートポンプのメンテナンスコストも大幅に削減!

マルチサイクロンラインナップ

 

マルチサイクロンラインナップ

プレフィルター装置であるマルチサイクロンは、節水・メインフィルターのメンテナンス省力化に役立ます。

サイクロン掃除機と同様の遠心分離方式原理による比重差がある汚れを最大20ミクロンまで除去し続けます(※)。

また、その分離した異物を洗い流すためのドレン水量も15リットル程度で作業完了します。

フィルターが無いため、交換部品やポンプを停止する必要はありません。

※水よりも比重が重い汚れを除去します。

メインフィルター(砂ろ過、ストレーナー等)のメンテナンス時の問題点は、フィルター交換のための運転停止、フィルター交換費用、時間、手間がかかります。砂ろ過では逆洗するための水量も問題となっています。

製品特長

マルチサイクロンの使用例

  • メインフィルターのメンテナンスを最小化、水を節約
  • ろ過材を使用しないため、ろ過材の洗浄や交換は不要
  • 新設でも既存設備に追加でも対応可能
  • 最大20ミクロンの微細な汚れまで分離・除去
  • フィルター不要のため、交換・メンテ不要
  • 透明ポリカーボネート+ファイバー補強ポリプロピレンによりサビない。外から汚れが見える

仕組みと能力

マルチサイクロンの仕組み

マルチサイクロンの能力

サイクロン下部から導入される汚水は、サイクロン部で遠心力により比重差のある固形物を分離、下部のポリカーボネート沈殿槽に堆積します。汚れが除去された水は本体上部ノズルより排出されます。本体横にあるドレンノズルのバルブを開放すると、内圧により自働的に沈殿槽に堆積した汚れが排出されます。

運転を停止することなく、汚れを除去、分離することができる最新サイクロン分離機です。

用途

マルチサイクロンの導入事例、既存冷却塔設備付近に設置クーリングタワー水の砂の除去、ストレーナーやチラーのコンデンサ延命

既存冷却塔設備付近に設置されたマルチサイクロン16 – 省スペース


マルチサイクロンの導入事例、既存砂ろ過設備にプレフィルターとして温泉、浴槽の砂ろ過装置前のプレ洗浄によるろ過器の逆洗水量の削減

既存砂ろ過設備にプレフィルターとしてマルチサイクロン16設置 – 省スペース

マルチサイクロンの導入事例、約30㎥の池の洗浄用に設置

 

約30㎥の池の洗浄用に設置されたマルチサイクロン16と砂ろ過装置


マルチサイクロンの導入事例、養殖場

アワビの養殖

養殖分野で使用される機器

  • 大型ろ過器 MD6500 (7.5m3), SMDD2200(7.9m3)
  • 海水シールの大型ポンプ
  • マルチサイクロン MC16 & 70 XL
  • 酸素コーン(溶存酸素を上げる)
  • ヒートポンプ Aquabiome tank system(マルチサイクロン、ろ過器ポンプのセット)

 

  • 井戸水に含まれる砂、汚れの除去
  • 配管中の鉄錆除去
  • 工作機械の冷却水中に含まれるスラッジ除去
  • プール
  • 地下水の赤水中の鉄粉除去

※マルチサイクロンで現場のこんな問題を解決

現場の状態

  • クーリングタワー125RTがあり、最新型高効率チラーを冷却している
  • 冷却水の配管中には、ストレーナーとして40メッシュ+60メッシュを設置し、チラーを保護している
  • 薬注処理を行っている(シリカ拡散+殺菌効果)
  • 電気伝導度を計測し、一定のブロー+メークアップを行っている

現場の問題

  • 開放冷却塔からの汚れ(砂、シリカ、花粉など)が発生し、ストレーナーが閉塞してしまう。
  • ポンプのサージングが発生し、ストレー ナーを1日に数回清掃する必要がある。
  • スケールイオンが堆積することで電気伝導度が上がってしまうため、1日あたり20m3のブローを強いられている。
  • これらの理由で運転時間が短縮し、またブロー水が増大し、メンテナンスの時間が多大である。


クーリングタワーの水質改善が実現し、圧当的な汚れを回収し排出もスムーズに!
フロー水の大幅削減を可能とし、排水処理の費用が劇的に減少!

※ヒートポンプ熱源用熱交換器とその保守方法の遷移

1.縁切としてプレート式熱交換器を設置(ワイドギャップ)

ヒートポンプ性能を常に監視、1ヶ月経過後から性能が低下したため、
1月に1回、プレートを開放洗浄する必要が発生。手間が大変

2.20メッシュ以上のYストレーナー設置(マニュアルどおり)

ストレーナーに多くの汚れが堆積。1日に2回、ストレーナーを開放洗浄する必要が発生。
ポンプ、本体も停止してメンテナンスをすることが必須となってしまった。

3.マルチサイクロンを設置(ストレーナー撤去)

最初のサンプルテストで汚れた回収できるかの評価で合格。そのまま継続運転を開始。
6ヶ月継続運転中。能力維持をしながら開放洗浄や、ポンプ停止をすることが無く、省エネ運転を継続することが実現。 

設置例

浴槽・養殖場などの循環洗浄例

マルチサイクロンの浴槽・養殖場などの循環洗浄例

砂ろ過装置の手前にマルチサイクロンを追加することで、ゴミや汚れを80%取り除くため、
砂ろ過のメンテナンスコストと逆洗時のブロー水量を大幅に削減します。


クーリングタワー冷却水洗浄例

既設 冷却塔からの冷却水フロー

マルチサイクロンの冷却塔水改善フロー-既設
改善後 冷却塔からの冷却水フロー
マルチサイクロンの冷却塔水改善フロー-改善後
マルチサイクロン参考画像水スケール凝集剤の併用によりマルチサイクロン本体沈殿槽下部に、コロイド化したシリカが堆積していることが確認された。
—>循環水中のシリカイオン、カルシウムイオンの減少が実現し、ブロー排水の量を大幅に削減することが可能。

簡易な設置方式として、クーリングタワー水の15%流量までのバイパス循環でマルチサイクロンを作動させることで汚水を取りつづけます。クーリングタワー水の汚れを取り除くことで、高効率チラーのプレート式コンデンサのメンテナンスを大幅に削減します。


プレート式熱交換器CIP洗浄配管設計例

マルチサイクロンのプレート式熱交換器CIP洗浄配管設計例

導入実績

マルチサイクロンの導入事例、大手食品工場某食品大手工場
クーリングタワー冷却水熱回収/ボイラー給水加熱用ヒートポンプ運転。
冷却水中の汚れ除去テスト現場 1日の冷却水汚れ除去実験

マルチサイクロン設置後、半年経過中開放洗浄ゼロ、性能劣化認められず運転継続

マルチサイクロンの導入事例、大手食品工場

1日2回開放メンテをしていた20メッシュストレーナーは
取り外すことができた

マルチサイクロンの導入事例、大手食品工場

1日で排出できた汚れ


マルチサイクロンの導入事例某水産開発センター

遠心分離フィルター70XL導入した


マルチサイクロン_野菜農家熊本県熊本市北区:野菜農家

個人農家できゅうり、スイカ等、年間を通じ野菜を生産。灌水チューブをマルチの中に通し、茎部に散水。従来の砂取り器を介し、約40aの灌水と他場所の畑への灌水用に約2tの桶(漬物樽)を畑の土手に埋め込み、取水している。設置はポンプ小屋内へ個人で設置。ドレンは屋外へ排水。近隣にODISサンドフィルター(大型で赤色)が増加しつつある中、個人の意見ではあるが、(MCの方が良いのでは)との言葉を頂いた。


仕様および諸元

マルチサイクロンの仕様

Multicyclone 12

マルチサイクロンの寸法

Multicyclone 12 Plus

マルチサイクロンの寸法

Multicyclone 12 Ultra

マルチサイクロンの寸法

Multicyclone 16

Multicyclone 16 Plus

マルチサイクロンの寸法

Multicyclone 16 Ultra

マルチサイクロンの寸法

Multicyclone 70XL

マルチサイクロンの寸法

マルチサイクロンの圧力損失曲線グラフ

マルチサイクロンの圧力損失曲線グラフ

マルチサイクロンの圧力損失曲線グラフ

マルチサイクロンの圧力損失曲線グラフ

マルチサイクロンの圧力損失曲線グラフ

オプション

マルチサイクロンのオプション

マルチサイクロンのオプション

関連資料
ダウンロード