2020.08.13

ろ過器は定期的に逆洗が必要

水が流れる配管、井戸、クーリングタワーなどの現場においては、液体中に含まれる砂、錆び、火山灰などの汚れ成分である固体を分離させるために、ろ過という方法を用いることが多いです。その際に使用するろ過器は定期的に逆洗を行わなければなりません。ここではろ過器の逆洗とそれを効果的に行う方法について解説していきます。

ろ過器の仕組み

ろ過を行うときに使用するろ過器には、ろ材(砂、ガラスビーズ等)というものが使用されています。ろ材には非常に小さな孔が付いており、その大きさは液体中に含まれる固体は、孔よりも小さいため、通過する際に引っかかる仕組みです。一方で、液体はその孔を通って行くため、液体と固体が分離されます。

ろ過後の液体はゴミや汚れなどが取り除かれていて綺麗です。そのため、ろ過前の水を原水と呼び、ろ過後の水は処理水と呼びます。

逆洗で、ろ材の汚れを落とす

ろ過後は、ろ材にゴミや汚れなどが残ります。そのままの状態でろ過器を使い続けるとゴミが堆積して、ろ材の孔が詰まってしまうでしょう。水などの液体もろ材を通れなくなるため、定期的にろ材からゴミや汚れを落とすことが必要です。そこで、ろ材のゴミや汚れを落とす方法として逆洗という洗浄方法をおこないます。

逆洗というのは、ろ材に対して通常の反対側から水を流すことです。そうすると、ろ材に付着した汚れを剥離させることができます。ただし、原水を使用して逆洗を行う場合には、ろ材の反対側に汚れが付着してしまうでしょう。そのため、次のろ過を行う場合には、開始直後の水は捨てなければなりません。反対側に付着した汚れも剥離したら、綺麗な水が出てきます。

汚れ成分が水よりも重たい比重の場合、ろ材の下部に溜り続ける場合があります。この場合、何度逆洗しても下にたまった汚れ成分は排出されません。定期的なろ材交換作業が必要となります。その懸念を無くすアイテムがマルチサイクロンです。

ろ過器の前にマルチサイクロンを取り付けておくことで重たい汚れ成分を事前にキャッチします。マルチサイクロンでは、水の流れの勢いを利用した強い遠心力で水中に含まれる汚れと水を強制分離させることができます。重たい汚れをマルチサイクロンで除去できるので、残りはろ材によるろ過をすることでろ材の上部に堆積した汚れのみを逆洗して排出できます。そうすれば、ろ過器の洗浄がかなり楽になります。

まとめ

ろ過器を使用する際には、定期的な逆洗を行わなければなりません。逆洗を行う際に重たい汚れがあると手間、ランニングコストがかかりますが、マルチサイクロンの併用があれば、効果的且つ楽に行えます。ろ過能力アップとランニングコストの削減を考える場合には、ぜひマルチサイクロンの設置を検討してみてください。