2020.08.13

アルカリ洗浄液の特徴と扱う上での注意点

油を使用する設備の洗浄を行うときには、アルカリ洗浄液を使用すると、汚れを綺麗に落とせます。しかし、アルカリ洗浄液を扱う際には注意すべき点も多いです。ここではアルカリ洗浄液の特徴や取り扱い上の注意点について解説していきます。

アルカリ洗浄液の特徴と用途

アルカリ洗浄液は、油汚れやタンパク質に由来する汚れに強いのが特徴です。しつこい油汚れは、中性洗浄液ではなかなか落とせませんが、アルカリ洗浄液を使用すれば比較的簡単に落とせます。

家庭用の洗剤だと、食器用洗剤など弱アルカリ性と謳っているものをよく見かけるでしょう。飲食店などでもアルカリ洗浄液をよく使用していますが、業務用の場合にはアルカリ性がやや強めであることが多いです。食器や調理器具などの汚れは油汚れとタンパク質汚れがほとんどであるため、アルカリ洗浄液で綺麗に落とせます。

工場などの設備にはしつこい油汚れが付着するため、洗浄の際にアルカリ洗浄液が活躍することが多いです。ただし、アルカリ洗浄液は全ての汚れに万能ではありません。水垢や尿石、サビなどの汚れには弱いのがデメリットです。また、アルカリ洗浄液はアルミニウムを溶かす性質もあります。そのため、アルミニウム製の器具などの洗浄には使えないのも難点ですが、アルミニウムにも使える洗浄液「ダイナミックGC-S」もあります。

アルカリ洗浄液を取り扱う上で注意すべきこと

人間の皮膚はタンパク質でできています。そのため、アルカリ洗浄液の影響を受けやすいという点に注意しましょう。アルカリ洗浄液を扱う際には、できるだけ素手で触れないようにするのが望ましいです。

特に業務用のアルカリ洗浄液の中には強アルカリ性のものもあります。アルカリ性の度合いはPHという数値で表され、その数値が高いほどアルカリ性が強いです。PHは最大で14までですが、11以上だと強アルカリ性だと捉えておいていいでしょう。8以上11未満であれば弱アルカリ性です。PH7の場合には中性を示し、それよりも小さい数値だと酸性を示します。

強アルカリ性のものを素手で触れると皮膚が溶けることもあるため、充分注意して慎重に扱わなければなりません。もし、誤って素手で触れてしまった場合には、すぐに水で洗い流しましょう。これだけ強力な洗浄液であるため、環境や安全を考慮し、使用が制限されることもあります。

まとめ

アルカリ洗浄液は、油汚れやタンパク質汚れを落とす際に、その効果を発揮します。ただし、水垢や尿石、サビなどの汚れとは相性があまり良くありません。また、強アルカリ性の場合には危険度も高いため、取り扱いには十分注意しましょう。