2020.08.13

油汚れを落とすならアルカリ洗浄液

掃除などで使用する洗浄液は、化学的な性質を利用して汚れを落とせる仕組みになっています。アルカリ洗浄液もアルカリ性の性質を上手く利用している洗浄液です。ここではアルカリ洗浄液について特徴や活躍するシーンを紹介していきます。

アルカリ洗浄液の特徴

アルカリ洗浄液はPH7よりも高い数値の洗浄液のことを指します。PHの数字は高ければ高いほど、アルカリ性の性質が強く、洗浄液としての効果も強力です。アルカリ性の物質は酸性の物質を中和する性質を持つため、アルカリ洗浄液は酸性の汚れを落とす際によく使われています。

タンパク質を溶かすのもアルカリ洗浄液の特徴の一つです。人間の肌もタンパク質でできているため、アルカリ洗浄液を素手で触ると肌荒れなどを起こしてしまう可能性があります。そのため、アルカリ洗浄液を扱う際にはゴム手袋などを使うのが望ましいです。特にPHの数字が大きいアルカリ洗浄液だと危険度も高くなります。

また、アルミニウムでできている物に対しては、アルカリ洗浄液は使えません。アルミニウムとアルカリ性の物質はお互いに化学変化を起こしてしまうためです。もし使ってしまうと、白い粉が発生してアルミニウムが腐食してしまいます。穴が開いたり脆くなったりする可能性が高いため注意しましょう。

アルカリ洗浄液が活躍するシーン

アルカリ洗浄液は、一般家庭で油汚れなどを落とすのによく使われています。キッチン用の洗剤やお風呂用の洗剤などでは、アルカリ洗浄液が多いです。中性洗剤ではなかなか落ちないしつこい油汚れも、強めのアルカリ洗浄液ならひと拭きするだけで簡単に落とせます。衣類などにも皮脂汚れが付きやすいため、弱アルカリ性を謳っている洗濯用洗剤をよく見かけるでしょう。

一般家庭の他に工場などでも、アルカリ洗浄液が活躍しています。工場ではさまざまな機材が稼働していますが、工場の機材は定期的に洗浄しなければなりません。製造している製品の種類にもよりますが、油を含む汚れが機材に付着することが多いです。そのため、アルカリ洗浄液を使用して洗浄作業を行います。塗装などを行うときにも、油分を除去するためにアルカリ洗浄液を使用することが多いです。

まとめ

アルカリ洗浄液は、しつこい油汚れを落としたいときに便利です。一般家庭でも工場などの業務用としても幅広く使用されています。しつこい油汚れに悩まされているなら、ぜひアルカリ洗浄液を使ってみてください。