2020.08.13

再利用できる熱を捨てるのはもったいない!熱回収で有効活用しよう

経済活動をする上で、廃棄物が出てきてしまうことは多いです。廃棄物の多くは焼却処分されていますが、その際に大量の熱が発生しています。そのような熱を再利用するのが熱回収です。ここでは、熱回収の仕組みやメリットについて解説していきます。

熱回収の仕組み

例えば、廃棄物を焼却処理する際に焼却炉などを使用しますが、その中は非常に高温になっており、大量の熱が発生しています。焼却が終わって火が消えると、次第に焼却炉の中の温度も下がっていくでしょう。焼却時に発生した熱は、焼却炉の温度が下がるにつれて、空気中に少しずつ逃げていきます。

一方で、製造工程や室内の暖房などで熱が必要なときには、ボイラーや暖房器具などを使用しているでしょう。これらの道具では、化石燃料や電気などのエネルギーを使って熱を発生させています。

このように、熱を不要なものとして捨てている一方で、わざわざエネルギーを消費して必要な熱を発生させているのはもったいないです。

そこで、熱回収を行えば、廃棄物の焼却で発生する熱を空気中に逃さず、回収して再利用できます。廃棄物の焼却のように、温度差の大きな熱源から熱回収する場合には、熱交換器を使用することが多いです。

また、工場の設備を稼働させたときに発生する排熱も熱回収によって再利用が可能です。排熱の状態により、ヒートポンプなどを使用することが多くあります。

熱回収で燃料費を削減できて環境保護にも貢献

熱回収によって得た熱は、ヒーターなどに再利用することができます。ヒーターで使う熱の全てを熱回収で賄うことはできなくても、一部を賄うことは可能です。その分だけ化石燃料や電気などの消費量は減ることになるでしょう。

熱回収を導入する前と比べて燃料費などのコストを削減できるケースが多いです。化石燃料の消費量が減るため、地球環境保護にも貢献できるでしょう。

そしてMDIでは、ボイラー排熱から最大約75パーセントの熱を回収目標も可能です。実験においては、燃料費も約15パーセントの削減を実現しました。工場だけでなくビニールハウスなどでも利用できます。暖房や温度調整などを行っているところでは、利用可能なケースが多いため、ぜひ熱回収の導入を検討してみてください。

まとめ

熱回収は、廃棄物の焼却や設備の排熱などを回収して有効活用することです。これまで捨てられていた熱を再利用するということで、化石燃料の消費量を削減することができます。コストの削減にもつながるため、生産効率の工場と環境保護を両立できる画期的な方法です。