2020.08.13

ダイナミックデスケーラーとは?特徴と活躍するシーンを紹介

ダイナミックデスケーラーはスケール除去用の洗浄液の一種です。製造業を営む企業から、海上自衛隊やアメリカ海軍まで豊富な導入実績を誇ります。では、ダイナミックデスケーラーの特徴と活躍するシーンについて見ていきましょう。

ダイナミックデスケーラーの特徴

ダイナミックデスケーラーは塩酸をベースにして作られており、PH0.6という強酸性の洗浄液です。カルシウムの溶解速度が世界最速で、通常の酸性洗浄液ではなかなか除去できないスケールも簡単に落とせます。

強力な洗浄力を誇る洗浄液には危険がつきものですが、ダイナミックデスケーラーは安全性が高いのも特徴のひとつです。誤って素手で触れてしまっても、水で洗い流せば怪我や火傷などの心配はありません。非常に高い洗浄力と安全性を兼ねそろえているため、機械設備の洗浄作業を効率良く行うことができます。生分解性があり、地球環境にも悪影響を与えません。

また、金属を腐食させにくいのも特徴です。通常の洗浄液でステンレスを洗浄すると、表面の不動態皮膜が剥がれてしまいます。そのため、不動態皮膜の再形成作業を行わなければなりません。その点、ダイナミックデスケーラーなら、ステンレスの洗浄でもそのような作業はしなくて済みます。

ダイナミックデスケーラーの主な用途

ダイナミックデスケーラーが活躍するシーンとしては、熱交換器の洗浄が挙げられます。プレート式熱交換器では、ステンレス製のプレートを使用しているものが多いです。洗浄する際にダイナミックデスケーラーを使用すれば、腐食の心配がありません。

また、多管式熱交換器のチューブ内部の洗浄が楽になります。従来の高圧洗浄と比べ、洗浄工程の短縮しつつ、高い洗浄効果のおかげでしつこい汚れも落とすことができます。

冷却塔の洗浄でも、ダイナミックデスケーラーが活躍することが多いです。充填材にダイナミックデスケーラーに散布すると、スケール汚れを綺麗に除去できます。その効果は、見た目にもはっきりと分かるくらいです。

配管の洗浄の際にも、ダイナミックデスケーラーがよく使われています。古い配管にはスケールの他にサビなども付着していることが多いです。ダイナミックデスケーラーなら、どちらも簡単に落とせます。

まとめ

ダイナミックデスケーラーは、安全性が高く強力な洗浄力を誇る強酸性の洗浄液です。スケール汚れを落とせ、金属腐食が少ないことから、機械設備の洗浄作業にかかる時間を大幅に短縮できます。スケールやサビなどの汚れを落とす際には、ぜひダイナミックデスケーラーを使ってみてください。