2020.08.13

強アルカリなのに素手で触れる安全性!ダイナミックGC-S

 

工場などでは業務で使用する器具を定期的に洗浄しています。汚れを確実に落とすには、洗浄力の強い洗剤を使わなければなりません。一方で環境性・安全性を確保することも重要です。ここでは、高い洗浄力と安全性を兼ね備えるダイナミックGC-Sを紹介していきます。

油汚れはアルカリ性の洗剤で落とす

洗剤を選ぶ際には、落としたい汚れの種類に適しているかを確認します。酸性の汚れを落とす際にはアルカリ性の洗剤を使用し、アルカリ性の汚れであれば酸性の洗剤を使用することが一般的です。汚れと逆の性質の洗剤を使うことで、効果的に汚れを落とせます。酸性の洗浄液は主に水に含まれるカルシウムやマグネシウムの析出により白く硬くなってしまうスケールという汚れを溶かすときに使用します。

ご自宅のキッチンや工場などで油を使用している場合には、換気扇やダクト、や機器に油汚れが付着します。そのような油汚れは①動植物油脂、②脂肪酸、③鉱油系炭化水素など種類があるため、強力なアルカリ性の洗剤を使用して落とすと良いでしょう。

洗浄力が強いと危険性も高い?

工場の器具に付着する強い油汚れの中には一般的なアルカリ性の洗剤を使用しても、なかなか落ちない汚れもあります。そのため、しつこい油汚れを落とすには相応に洗浄力の強い洗剤の使用が必要です。今までは工場内での油汚れについては、石油系溶剤を使用した強力な洗浄液が主でしたが、今後の環境性、人体安全性に問題が指摘される現場では、その使用が禁止される規制もあります。

一方で水系洗浄液の中で、酸性とアルカリ性の強さを示す数値としてpHというのがありますが、このpHの数字が大きいほど強アルカリ性です。しつこい油汚れを落とすには、pH11以上のアルカリ性洗剤を使用するといいでしょう。しかし、強アルカリ性の洗剤は危険性も高いものが多いです。そのため、慎重に扱わなければなりません。

そこで、強アルカリ性の洗剤の中でも人体への安全性が高く、アルカリに溶けやすいアルミニウム材への使用にも腐食しにくい特徴を持つ幅広く使用されているのがダイナミックGC-Sです。pH12以上ですが、素手で触っても肌への影響はほとんどありません。その上動植物油脂、脂肪酸、鉱油系炭化水素系すべての油汚れに対してしっかり落とせます。

アルミ製の器具の洗浄に最適

一般的に強アルカリ性の洗剤はアルミを腐食させてしまうため、アルミ製の器具は中性洗剤や弱アルカリ性洗剤で洗浄することが多いです。しかし、中性洗剤や弱アルカリだと洗浄力が不十分で、アルミ製の器具の汚れをなかなか落とせずに苦労することもあるでしょう。また石油系溶剤を使用すればアルミ製の器具の油汚れは落ちますが、VOCやガスを多く含むため安全性と環境性が犠牲になります。

その点、ダイナミックGC-Sを使えばアルミ製の器具に付着した油汚れも簡単に落とせます。さらに、劇物や危険物に該当しないため、扱いや管理が楽なのもメリットのひとつです。生分解性の特徴を持つため、地球環境への影響も抑えられます。

まとめ

ダイナミックGC-Sは、強い洗浄力と安全性を兼ね備えるという、良いとこ取りの強アルカリ性洗浄液です。アルミを腐食させず、地球環境にも優しいというメリットまであります。油汚れの洗浄にはぜひダイナミックGC-Sを使ってみてください