2020.09.24

スケールって一体何? 発生する原因と除去方法を解説

熱交換器の配管内にコンクリートのような堆積物が付着していることがよくあるでしょう。これはスケールというものです。スケールが溜まりすぎると、熱交換器の性能を十分に発揮できなくなるため、定期的に除去する必要があります。ここでは、スケールが発生する原因と除去方法について解説していきます。

水に含まれる成分が析出する

水には一見すると何も溶けていないように見えても、ケイ酸カルシウムや炭酸マグネシウムなどの物質が溶けています。そして、一般的に水に溶けることができる物質の量には限界があり、その限界を超えると溶けている物質が析出してきます。

例えば、水が蒸発して減るとその分、物質の濃度が濃くなるでしょう。そうなると、溶けきれない物質が析出することがよくあります。これが熱交換器の配管内で起こった場合に、配管内部に析出した成分が少しずつ溜り、まとまった量になったものがスケールです。

スケールの種類

熱交換器の配管に付着するスケールは、主に次の2種類です。

シリカスケール

シリカスケールは、二酸化ケイ素が塩基と結びついてできるスケールです。主にケイ酸カルシウムやケイ酸マグネシウムなどがあります。これが濃縮などにより熱交換器の配管内で析出すると非常に硬くなり、配管の内壁に固着します。

カルシウムスケール

カルシウムスケールは、炭酸カルシウム硫酸カルシウムなどがあります。水中に溶けているカルシウムがほかの物質と結びつくことでできるのが特徴です。例えば、炭酸カルシウムなら、水中に溶けている二酸化炭素と結びついてできます。シリカスケールと同様に、析出すると非常に硬く固着力も強いです。

熱交換器に付着したスケールを除去するには

熱交換器の配管内にスケールが付着すると、水の通り道が狭くなり、熱効率も下がってしまいます。そのため、メンテナンスとして定期的にスケールを除去しなければなりません。

しかし、スケールをブラシなどで除去することはほぼできません。金属製の工具などを使っても難しいでしょう。

スケールは酸性の物質に弱いため強酸性の洗浄液を使用して除去するのが一般的です。ただ、強酸性の洗浄液は危険度も高いため、取り扱いには十分注意しなければなりません。

そこで、強酸性でありながら安全性も高いダイナミックデスケーラーという洗浄液があります。シリカスケールもカルシウムスケールも簡単に除去できて金属腐食も小さく、熱交換器の洗浄にピッタリです。

まとめ

スケールは水中の二酸化ケイ素やカルシウムなどが元になってできます。非常に硬いのが特徴で、水が常に触れる場所に固着しやすいです。熱交換器の配管の内壁に固着すると、その影響で性能が低下してしまうため、定期的に除去しなければなりません。その際には、強酸性で安全性も高いダイナミックデスケーラーを使うのがおすすめです。