2020.08.12

熱交換器の配管内にスケールが 付着したらどうすればいい?

熱交換器を使用していると配管内にスケールが付着していきます。配管を洗浄しても、スケールはなかなか落とせません。では、熱交換器にスケールが付着したらどうすればいいのか見ていきましょう。

スケールとは?

スケールとは、水に溶けているカルシウムやマグネシウムなどの物質が析出して固まったものです。配管内を通る水に不純物が溶けることで、濃度が濃くなり、溶けきれなくなったカルシウムやマグネシウムが析出します。

カルシウムやマグネシウムは、いったん析出してしまうと、自然と再び水に溶けることはなかなかありません。また、非常に堅い性質を保つのが特徴です。そのため、析出したスケールは排水管の内部に付着してしまいます。熱交換器の配管だけでなく、水道管の内部にもスケールが付着していることが多いです。

熱交換器にスケールが付着するとどうなる?

熱交換器は、熱源が発している熱を配管内の水が吸収する仕組みになっています。熱は熱源から配管の壁に伝わり、そこから配管を通る水に伝わるという具合です。配管の内側にスケールが付着すると、配管から水に熱が伝わる際に、スケールが邪魔をします。

そのため、熱伝導が悪くなり、十分に温められなかったり冷やされなかったりというようなことが起こり、熱交換器の本来の性能を発揮できなくなってしまうのです。また、熱伝導をおこなう際に使用する燃料は通常よりも多く必要となり、無駄な燃料の消費にもつながります。

他にも、スケールの付着で配管内の水が通れる部分が狭くなる問題が起こります。それが原因で流れの悪化や詰まりなどを引き起こし、逆流してしまうこともあるかもしれません。そのため、熱交換器の配管にスケールが付着したら、早めに除去しておく必要があります。

スケールを除去するには

スケールが付着した部分をブラシなどで擦っても、ほとんど落とすことはできません。コンクリートのようにかなり強力に固まっています。通常の洗剤を使った場合でもほとんど効果はありません。そのため、スケール除去専用の洗浄液を使用して除去しましょう。例えば、塩酸ベースのダイナミックデスケーラーやリン酸ベースのデスケール518などです。いずれも化学反応を利用してスケールを溶かして除去します。

まとめ

熱交換器を使用していると、どうしても配管の内部にスケールが付着してしまいます。スケールを放置しておくと、少しずつ厚くなって、熱効率の低下をはじめとしたさまざまな弊害の原因になることが多いです。そのため、定期的にスケール専用の洗浄液を使用して、スケールを除去しておきましょう。