2021.03.30

ろ過器はメンテナンスが必要?

ろ過器は様々な種類のろ材の層に水を通して不純物を取り除くという仕組みから、電気などのエネルギーを使いません。化学変化も起こさないことから、危険も少なく扱いやすいでしょう。しかし、それでも定期的なメンテナンスは必要です。ここでは、ろ過器のメンテナンスについて解説していきます。

メンテナンスをしないとどうなるのか

ろ過器で水を処理すると汚れが除去されますが、汚れの元となる不純物がろ材の内側に溜まります。メンテナンスをしないでろ過器を使い続けていると、不純物がどんどん蓄積していくでしょう。ろ材が汚染されて汚れを十分に除去することができず、処理水の水質が悪化する可能性があります。

ろ材に少し汚れが付着したくらいだと、顕微鏡で見てみないと確認できません。しかし汚れの蓄積がひどくなると、処理水の濁りなどから、正常に処理できていないのが分かる場合もあります。また、ろ材が目詰まりを起こしてスムーズにろ過が進まなくなることも多いです。

ろ材の汚れを早期に発見するには、定期的に水質検査などを実施するのが望ましいでしょう。そして、水質が悪化しているようであれば、メンテナンスが必要です。

ろ過器のメンテナンス方法

ろ過器のメンテナンスは、ろ材の洗浄や交換などの方法で行います。洗浄のやり方でよく行われているのは逆洗という方法です。ろ過器を使用するときに水を通すのと、逆の方向から水を通します。そうすることで、目詰まりを起こす原因となっていた不純物をある程度は取り除けます。

しかし、ろ材の汚れや劣化の度合いによっては、逆洗だけでは十分にきれいにできないことも多いです。そのため、ろ材が目詰まりを起こすなど劣化が目立つようになってきたら、ろ材を新しいものに交換しなければなりません。ろ材は消耗品捉えておきましょう。

また、ろ材が寿命を迎えるくらいだと、配管にも汚れが蓄積していたり雑菌が繁殖していたりする可能性が高いです。ろ材を通過した後の水が通る配管が汚れていると、ろ材を通過してきれいになった処理水がまた汚れてしまいます。そのため、ろ材を交換するときには、配管の洗浄も併せて行いましょう。

まとめ

ろ過器はメンテナンスをしないで使い続けていると、ろ材が劣化して汚れが蓄積してしまいます。配管も気づかないうちに汚れていることが多いです。そのような状態では、ろ過器本来の役割を果たすことはできません。定期的にろ材の交換や配管の清掃などのメンテナンスを行うようにしましょう。

お問い合わせ