2021.01.15

省エネとはどのようなことを行えばいいのか

工場などでは大量のエネルギーを消費しています。省エネを行い、生産コストの削減をしたいと考えつつも、どのようなことから始めれば分からないという人も多いです。ここでは、工場などで簡単に始められる省エネの方法について紹介していきます。

生産設備で光熱費を節約する方法

工場で消費されるエネルギーの大半は、生産設備を稼働させることで消費されています。そのため、まずは生産設備でどのくらいのエネルギーが消費されているのか把握しておきましょう。

生産設備は工場が操業している時間は常に稼働させていることが多く、一見するとそこを節約するのは難しいように思えるかもしれません。しかし、設備の洗浄が不十分なために、エネルギーロスが発生していることもよくあります。

例えば、熱交換器ならスケールの蓄積でエネルギーロスが増えやすいです。設備の洗浄を徹底すれば、同じ時間だけ設備を稼働させた場合でも、光熱費が安く済みます。

空調や照明の費用を節約する方法

空調の設定温度や照明器具などについても見直しが必要です。ただ、冷暖房を抑えすぎると従業員のモチベーションの低下につながる場合もあります。そのため、冷暖房に関する省エネは慎重に行わなければなりません。

また、遮熱カーテンなどを使用した断熱対策なども検討してみるといいでしょう。冷暖房費用を抑えつつ快適な環境も維持できる場合もあります。

照明器具に関しては、白熱電球を使用しているのであれば、LEDに交換するのがおすすめです。同じ明るさで電気代を節約できます。またLEDは白熱電球と比べて、熱をあまり放出しないため夏場の冷房費用削減につながるでしょう。

排熱を有効活用する

工場の生産設備を稼働しているときには、熱を発していることが多いです。排熱をそのまま放出しているのであれば、有効活用できないかどうか検討してみましょう。

排熱を放出せずに集めた上で熱交換器を使用することで、暖房などで使用することができます。そうすれば空調で消費するエネルギーを節約できるでしょう。排熱利用を導入するためには設備が必要になりますが、一度設置してしまえばそれ以降は大幅なコスト削減が可能になります。

まとめ

省エネに取り組むことで生産コストの削減につながり、地球環境保護にも貢献できます。まずは、生産設備のメンテナンスや照明器具の交換などできることから始めていきましょう。そして、排熱利用を行えば大幅なコスト削減も可能です。5年先、10年先を見据えてぜひ排熱利用の導入を検討してみてください。

 

お問い合わせ