2021.05.10

酸性洗剤はどんな汚れに効く?

洗剤を使用するときには、落とそうとしている汚れの性質に合わせて選ぶことが大切です。掃除などでは中性洗剤や弱アルカリ性洗剤がよく使用されていますが、特殊な汚れを落とす際に酸性洗剤が使われます。ここでは酸性洗剤の性質や用途について説明していきます。

酸性洗剤で落とせる汚れ

一般家庭で使われている洗剤の中では、トイレ用やお風呂場用のもので酸性洗剤が多いです。具体的には「サンポール」や「スクラビングバブル強力バスクリーナー」などが挙げられます。

トイレの掃除で酸性洗剤が必要なのは尿石を落とすためです。尿石はアルカリ性の成分が固まってできたものであるため、酸性洗剤を使用すると中和されて落としやすくなります。これに加えてアンモニア臭やタバコのニオイを消す効果もあります。

お風呂場では浴槽に水垢が発生するでしょう。排水口付近には石鹸カスなどが付着することも多いです。酸性洗剤を使うと、水垢や石鹸カスに含まれるカルシウムイオンが分解されて落としやすくなります。

また、トイレ用やお風呂場用の洗剤の中には中性のものもあるでしょう。中性洗剤でも尿石や水垢を落とせますが、酸性洗剤ほどの洗浄力はありません。その分だけ肌に優しく安全性が高いです。素地を傷めることも少ないため、汚れがあまり酷くないようであれば、酸性洗剤よりも中性洗剤を使う方がいいかもしれません。

業務用の酸性洗剤ならダイナミックデスケーラー

一般家庭であれば、しつこい尿石や水垢でも「サンポール」や「スクラビングバブルバスクリーナー」で掃除できます。しかし、工場などの配管を掃除する際にはもっと強力な酸性洗剤でないと対応できません。

一方で、業務用の強力な酸性洗剤はそれだけ危険性も高いため、取り扱いには十分な注意が必要です。金属腐食なども起こしやすく扱いが難しいといえます。

お問い合わせ