2021.07.16

マルチサイクロンとは何か?仕組みやメリットを解説

水中に含まれる異物や汚れなどを除去するためには装置が使われていますが、その中の1つとしてマルチサイクロンがあります。水処理設備にマルチサイクロンを使用すれば、効率良く行えるでしょう。ここではマルチサイクロンについて、仕組みやメリットを解説していきます。

水用フィルターの一種

マルチサイクロンは水用フィルターの一種で、装置内部に水を取り込んで、汚れや異物を分離させることができる装置です。主に工業用冷却水プール、温泉施設などの水質改善のために使用されています。マルチサイクロンの特徴は、遠心力を使って異物や汚れを分離する点です。装置の形状は円錐形で尖っている部分を下にして設置します。

内部には、多数のサイクロン式装置が並列でつなげた状態で設置されており、それらが回ることで大量の水を処理する仕組みです。水は下の尖った部分からマルチサイクロンの内部に入り、汚れが取り除かれて綺麗になった水は上の方から外へ出ていきます。装置の下部にはタンクが設置されており、取り除かれた汚れが溜まるようになっています。マルチサイクロンで取り除くことができる汚れは、水よりも比重の重い汚れのみです。

マルチサイクロンのメリット

マルチサイクロンは処理できる水の量が多く、細かな汚れも除去できるのがメリットです。機種によりますが、最大流量は毎分3001500リットルで、20ミクロンの汚れも除去できます。

また、メンテナンスが容易にできるのもメリットです。タンクの中に汚れたが溜まってきたら、それを排出するだけで済みます。装置内部は稼働中に常に洗浄されているような状態で汚れることがないため、内部を洗浄する必要はありません。

そのため、装置を稼働させたままメンテナンスを行うことができます。カートリッジフィルターなどの交換をする必要もありません。耐久性にも優れており、一度設置すれば長く使用することができます。

また、既存の設備に追加して取り付けることも可能です。ろ過器などで水処理している場合には、上流部分にマルチサイクロンを設置することで、他の装置への負荷を軽減することができます。

まとめ

マルチサイクロンは、多数のサイクロンを搭載している水処理装置です。遠心力を発生させて、水中の汚れや異物を分離させることができます。メンテナンスが容易で、大量の水を処理できるなどメリットも多いです。既存の水処理装置に追加で設置することもできるため、ぜひ設置を検討してみてください。

 

お問い合わせ